大人の塗り絵で使用する画材

Tools

大人の塗り絵を始めるにあたって特別な画材を用意する必要はありません。
普通の色鉛筆や水彩色鉛筆、ご自分がなれている画材が一番ですが、参考までに教室でよく使用している画材を教えていただきました。

水彩色鉛筆 (すいさいいろえんぴつ)

水彩色鉛筆はとても便利です。普通の色鉛筆のように線画を描くこともでき、水を含んだ筆でなぞると顔料が溶けるため、手軽に水彩画を楽しむことができます。パレットなども不要なため、コンパクトでかさばらず、持ち歩きが楽です。
また非常に多彩な表現が楽しめます。一般的には水彩色鉛筆は普通の色鉛筆画のように紙に色を塗り、塗った部分を濡らした筆でなぞり、顔料を溶かしながら広げて使います。その他にもあらかじめ濡らしておいた紙の上に描く方法、筆で芯から直接色をすくい取って固形水彩絵の具のように使うこ方法。絵の具と同様に混色も可能です。重ね塗り、乾かしてからの重ね塗り、筆圧による表現、芯を水に付けての描画、粉状にしての使用など自由度が高く、それでいて手軽です。
多数のメーカーの水彩色鉛筆がありますが、メーカーによって顔料の堅さがハッキリ分かれています。日本の鉛筆は比較的硬くて海外のものは柔らかい傾向が多いと思います。柔らかいから良い、固いから●●ということはないので、好みに合わせて選んでください。

 

水彩絵の具 (すいさいえのぐ)

一般的に言われる「水彩絵の具」には透明水彩と不透明水彩(アクリル、ガッシュなど)の2つの分類があります。透明水彩は名前の通り、塗ったときに絵の具が透明感を帯びていて水で薄めるほど透明に近づきます。顔料の粒子が細かく、塗り重ねたときに下の色が透けて見えるのが特長です。不透明水彩(アクリル、ガッシュなど)は塗り絵の線画部分を塗りつぶしてしまう「透けない」絵の具のため、大人の塗り絵では使用しません。
※よく学校で使用する教育用水彩絵の具は、透明水彩絵の具のように思えますが、実際は不透明水彩絵の具が混じったような特殊な絵の具です。透明感に欠けるため、「透明水彩」として売っている絵の具をオススメします。
透明水彩絵の具には、ウィンザー&ニュートン コットマン、ホルベインなどあります。大きく分けると日本のメーカーの「ホルベイン」「クサカベ」などと海外メーカーの「ウィンザー&ニュートン コットマン」などがあります。(※ウィンザー&ニュートンはプロ用と廉価用の“コットマン”の二種類があります。)メーカーごとに長所、短所がありますがその性能は大きくかわりません。海外メーカーの物だと輸入コストがかかるためどうしても高い価格設定になってしまいます。その点日本のメーカーの物は1,600〜2,500円程度で12色セットが購入できますので、まずはここから初めてはいかがでしょうか。
個人的に愛用しているのはクサカベです。色合いがハッキリしているので混色に向いているのが特徴です。

 

筆も大きく分けると油絵などで使用する硬毛筆(豚毛など)と軟毛系の2種類あります。水彩画には一般的に軟毛系の画筆を使用します。丸筆、平筆、隈取筆をそれぞれ3サイズづつ(大、中、小)揃えれば十分です。
※油絵と違い、簡単に水洗いで描画中の色変えが出来るため多数の筆を用意しなくても足ります。
【筆の素材について】
軟毛には、セーブル(イタチ科の動物)、リス、馬、たぬき、羊などの獣毛と、ナイロンなどの合成繊維があります。手軽さや手入れのしやすさはナイロン筆に軍配が上がります。獣毛の筆は、専用のクリーナーやリンスで手入れをすることで、長持ちさせることができます。
【筆の形状について】
筆の穂先は、様々なサイズ(号数が上がるにつて大きくなります)と、丸筆や平筆などの形状の違いがあります。
特に「丸筆」は絵具の含みがよく、筆運びがしやすいことから線状に描くのに向いているため水彩画で多く使用します。中でも穂先が細い筆は、細密な描画に適しています。
それに対して平筆は、広い面を均一に塗る作業や、先端の角を使いシャープな輪郭を出すことができます。
また塗り絵ならではの筆として、「隈取筆」を使用します。隈取筆は日本画用の筆です。主に“ぼかし”の作業に使用します。
【筆を長く使うために】
新しい筆を下ろす際は、筆先が糊で固めてあるため、水に浸け糊を取り除いてから使用してください。使用後は、水やぬるま湯で丁寧に穂先部の根本に残った絵具をしっかり取り除き、穂先を整えてから自然乾燥させましょう。

 

その他の道具

【紙】
紙は塗り絵の本についている「画用紙」を使用します。
【水入れ・パレット】
水入れは、数カ所しきりがついている物が使いやすいです。持ち歩きやすい組み立て式のものは外出先では重宝します。
パレットはスチール製(ホーロー)、プラスチック、陶器などいろいろあります。どの素材でもかまいませんが、しきりが高めのものが絵の具が混ざらないため便利です。
【マスキングインク】
マスキングインクは、乾くと固まりゴム質になります。固まったマスキング液は指で簡単に剥がせます。この性質を利用して画用紙の一部分をマスキングすることで、絵具を入り込まなくし、覆い隠した部分の色を残すことができます。まだ着彩していない白い画用紙にマスキングすると白を残すことができ、ハイライトなどをきれいに表現できます。

 
 

トップページ

プロフィール

インタビュー

作品一覧

画材

塗り絵教室

お試し塗り絵

お問い合わせ

 

 

© 2015 Momma Tomohisa. All rights reserved.

PAGE TOP ▲